スポンサーリンク

青ゴム装着から1週間経過後の歯列矯正中の痛みと治療内容経過記録

こんにちは、みーこです。

先週、青ゴムを入れて久しぶりにめちゃくちゃ痛くて、流動食生活しました。

歯列矯正中の食事 茅乃舎のお茶ずけ

そして、今日は1週間経って治療の日でした。

青ゴム装着後1週間経った痛みはと言うと

今朝ギューって上下の歯を噛み合わせて見ましたがもぅ全然痛くないです!

人間の体って本当に凄い!

ちゃんと対応して慣れて行ってくれるものなんですね。

大人の歯列矯正、青ゴムを歯間に挟み隙間を作るのはどれくらい痛いのか。当日の痛みについて。
大人の歯列矯正を始めてブラケットをつけてから9ヶ月くらいが経過しました。今日は、歯と歯の間に青いゴムを入れて隙間を作るための治療をしてきたので、その箇所や、作業時間、当日の痛みなどについて紹介していきます。青ゴムを入れた箇所の写真もあります。

脱青ゴム

いよいよ、今日は青ゴムをはずしました!

え、ちゃんと歯磨きしてたのに、やっぱり青ゴムには大量の汚れが。。。

汚い~。

しかもちょっと臭いがする気がする。

でも、青ゴムも外してもらってスッキリしました。

バンド合わせ

いよいよ青ゴムで歯間に隙間を作った箇所に金属で出来たバンドを合わせて行きます。

私の場合は1番奥の歯が金属の被せものになっているので、金属だとすんなり合わさるというのが難しいらしく

先生が色々な型のものをピッタリ合うまで何回も合わせてくれました。

たぶん30分くらい、合わせては外しての繰り返しでした。

本当に矯正歯科の先生は根気よく治療してくれます。

その際、内側の歯茎がギューって押されるというか、バンドが歯茎にくい込んでるんじゃないかと思う感じもしましたが、

ピッタリ合わさうバンドがハマってしまえば、歯茎に食い込む感覚もなくなりました。

型取り

ようやくバンドが合ったら、次に型取りです。

型どりの際はブラケットに型どりの液が吸着しすぎるのを防ぐために青ゴムをブラケットにはめてから型どりしました。

無事型どりも終わって次週へ続くです。

現在の状況

現在は青ゴムは歯間の間に装着してません。

痛みについては、全くと行っていいほどなく、治療後隣のカフェでパスタのセットを食べられるほどです。

見た目はこんな感じです。

前から見た感じは前とそんなに変化はありませんが、

歯列矯正 前からの写真

こんな感じです。

左側からの写真はこんな感じで、

2番と3番のすきっ歯がきにななります。笑うと抜歯部分も歯がないのがバレバレです。

早く抜歯跡とすっきぱがなくなればいいなぁと思います。

また、来週青ゴムを入れるそうなので、経過実況いたします。

上の写真のお茶漬けは茅乃舎のもので、歯が痛い時にお世話になってます。

 
プロフィール
みーこ

1985年生まれ。スタジオ店員として働きながら、昨年33歳にして歯列矯正を決意し、2019年4月から副業としてブログを始める。趣味は音楽活動と韓国ドラマ鑑賞。

Mail : miyuki.niko2@gmail.com

\みーこをフォローしたい♡/
矯正
スポンサーリンク
\この記事をシェアしたい♡/
\みーこをフォローしたい♡/
オトナ女子の矯正ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました